ひな鳥から揚「とよ田」で 砂肝のウンチクを語る

Fried Chicken @ 自由が丘 とよ田

「ねーねー、砂肝って、何ィ?」もし居酒屋でギャルに質問されたら、あなたは春日ばりに胸を張って答えることができますか?
砂肝は、鳥の胃の一部で、正式には砂嚢(筋胃)というそうです。鳥は歯が無いので、食べた物を砂嚢の強い筋肉ですりつぶしているんですって。だからあの特有のコリコリ食感なんですね。栄養的には、低カロリーで鉄分を多く含んでいるので、女性にはうれしい限り。以上、ご参考までに。

さて、その砂肝、専ら焼き鳥でいただくことが多いかと思いますが、砂肝のから揚げが有名なお店が自由が丘にあるんです。
ひな鳥から揚「とよ田」は、創業1962年。自由が丘駅前の緑道沿いのビルの1階にお店を構えていましたが、2009年に駅北口から少し歩いたヤマダ電機の近くに移転。カウンター席とテーブルが数席の小さなお店ながらも、移転前より広くなった店内は連日満席で、簡単には入れない人気店なのです。
メニューは砂肝(650円)、手羽(800円)、モモ(800円)の3種類のみ。かろうじて、お新香(300円)と焼きおにぎり(250円)、焼きおにぎり茶漬け(400円)の3つのサイドメニューがありますが、本当に、から揚げ一筋なお店なのです。
DSC09978 お目当ての砂肝は、から揚げというか、素揚げに近いのですが、すばらしくカラッと香ばしく揚がってます。シンプルな塩味がスナック感覚でやめられない止まらない~♪
手羽は、手羽先ではなく手羽元+胸。つまり鶏半身の上半身(下半身はモモ)なので、普通の手羽を想像してたらけっこう大きくてびっくり。皮パリパリで骨まで食べれちゃいます。モモは、外側カリッと中ジューシーで、おかわりしたい美味しさ。骨をいつまでもしゃぶっていたい、そんな衝動にかられました。

さぁ、女のコ連れて砂肝食べに行こうと思ったみなさ~ん、このお店は基本的に予約は受け付けていないそうなので、17時半の開店に合わせてお店に向かうべし!ご健闘をお祈りします。

とよ田 (鳥料理 / 自由が丘、奥沢、緑が丘)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa