自由が丘でカレーなら  「サンガワ」で

Sangawa@Jiyugaoka自由が丘とカレー。街のイメージと食べ物があまりしっくりきてないと思いません?
浅草とマカロン、白金とたこ焼き、なども然り。この2つは例え話ですけど。
実際に、自由が丘には、本場インドの方が営むカレー屋さんがいくつか存在します。その中の1つ、「タンドリーキッチン サンガワ」は、タンドール(壺窯型オーブン)で焼いたナンやチキンをカレーと一緒にいただけるお店です。
店内は半分が厨房で、カウンターとテーブルが4つ程。決して広くはありません。今はどうかわかりませんが、以前お店を訪れた際は、インド人らしき方が厨房で料理を作り、日本人の学生っぽい男性がホールで接客をしていました。彼はバイト君なのかもしれませんが、普段のコミュニケーションは英語なんだろうか?バイト代は円で支払われるんだろうか?まかないはやっぱりカレーなんだろうか?…と様々な疑問が浮かんできます。
そうこうしている内に、料理が運ばれて来ました。メニューがいろいろあって迷ったのですが、カレー2種とナンを注文。「バターチキンカレー」はトマトの酸味と甘みが絶妙。「ほうれん草と羊肉のカレー」は緑色で体に良さそうです。ナンはプレーンとガーリック入りを頼みましたが、どちらも大きくてびっくり!香ばしく焼かれたナンは甘みがあり、特にガーリックの方はそのままでも十分おいしいつまみになりそうです。他にチーズ入りのナンもありました。こうなるともうピザですね。

ナンを始め本格的なサイドメニューが充実していて、しかもリーズナブルというのがうれしい「サンガワ」。自由が丘のオサレな雰囲気とは少しベクトルの向きが違うお店ですが、カフェめしに飽きたらカレー&ナンもいいんじゃないでしょうか。

タンドーリキッチン サンガワ (インド料理 / 自由が丘、奥沢、九品仏)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , ,

TEXT: Kawori Nakagawa