巣鴨「古奈屋」の カレーうどんでご利益あれ

古奈屋

巣鴨名物、とげぬき地蔵尊高岩寺では、洗い観音に参拝する人達で連日行列ができています。ちょうどその洗い観音の背中と塀を隔てたところに、これまた行列ができているお店があります。ここが、カレーうどんで有名な古奈屋の巣鴨本店です。
創業は1983年。今や、六本木ヒルズ等、様々なエリアに支店を増やしている古奈屋ですが、始まりはこの巣鴨の小さなお店から。カウンターのみの店内は、まるでバーのようなお洒落な雰囲気です。
行列に並ぶことしばらく、やっと席に着いた腹ペコの私は、ラーメンの全部乗せに相当する「えび天もちカレーうどん」を迷わずオーダー。カレーうどんにエビの天ぷらとお餅がトッピングされています。
特製だしと牛乳をたっぷり加えたカレースープは、とてもクリーミーでコクがあってまろやか。スープがよく絡む細目のうどんは、適度なコシがあります。トッピングしたえび天の衣がスープに溶け出し、食べ進む程にスープのまろやかさと旨味が増大。それにお餅とうどんを絡めて食べれば、元気モリモリ!カレーだけでも元気出そうなのに、さらに力うどんですから。今日は家まで走って帰れそうです。
古奈屋私が食べたのは7~8年前なので値段が変わっているかもしれませんが、プレーンなカレーうどんが1200円、えび天もちカレーうどんが1650円と、カレーうどんのイメージからは逸脱したセレブなお値段。にもかかわらず、行列が耐えない古奈屋の人気は、とげぬき地蔵尊のご利益なのかもしれませんね。

古奈屋 巣鴨本店 (うどん / 巣鴨、巣鴨新田、庚申塚)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa