パティスリー・ドゥ・ ボン・クーフゥ

patisserie

武蔵小山と言えば、全長800mの都内一長いアーケードのある商店街・パルムです。雨の日でも楽しくお買い物ができます。焼き鳥、宝石、メガネ、呉服、ラーメン、仏壇、ラーメン、自転車、焼き鳥、何でもあります。このように活気あふれる武蔵小山ですが、パルムのイメージとは少し異なった、大人達の通う素敵なお店があるのをご存知でしょうか。

「パティスリー・ドゥ・ボン・クーフゥ」はパルム商店街から少し離れたところにあるケーキ屋さん。一見すると、アンティークショップかギャラリーのような外観なので、パティスリーだと気付かずに素通りしてしまう人、多数。(←私もその中の1人。)おそるおそる重厚な木の扉を押し開くと、アンティーク家具の並ぶ店内に色とりどりのケーキを発見。ほっ、よかった…ケーキ屋さんです。
シェフ・パティシエの女性は、三宿の有名アンティーク家具店、グローブで働いた経験があるそうなので、なるほど~なお洒落極まりないお店。地下にはカフェスペースがあり、厨房を眺めながらお茶することができます。
ケーキは、濃厚な味わいだけど甘さ控え目のものが多く、男性にも人気があるそう。特に、ゴルゴンゾーラチーズケーキは甘さがかなり抑えてあり、塩味がしっかり効いています。ワインが飲みたくなる味です。
やっぱり甘いケーキが食べたいという方には、カマンベールマスカルポーネやモンブランがおすすめ。生ケーキの他にパウンドケーキやクッキーなど焼き菓子もあるので、気合いの入ったお洒落なギフトを選ぶことかできます。
テイクアウトするのもいいですが、ここに来たならば、ぜひぜひ地下のカフェスペースへ。アンティークに囲まれながら、ケーキとスパークリングワインで、空間ごと楽しんでみてください。女子のハートわし掴みなこと、間違いないです。

2007_09220016

patisserie de bon coeur (ケーキ / 武蔵小山、西小山、戸越銀座)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa