田園調布 駄菓子屋さんぽ

都内有数の高級住宅地、田園調布。日本を代表する企業のオーナーや社長を始め、政治家、俳優、スポーツ選手など、各界の大物著名人の邸宅が多く建つと言う。その噂を裏付けるように、このエリアにはびっくりするくらい立派な豪邸が建ち並び、
道行く車もほぼオール外車。すれ違うお年寄りも、「おじいちゃん」というより「老紳士」という方がしっくりくるような、上品なたたずまいをされているように見えるのであります。
もしこの街で、うまい棒を歩き食いしようものなら、「お母さん、あの人が食べてるの、何?」「しーっ!じろじろ見るんじゃありません!歩きながら物を食べちゃダメなのよ…!」と道行く親子に後ろ指をさされそうな、ハイソなお土地柄。しかし、それは私の単なる先入観で、実は、うまい棒はこの田園調布で立派な市民権を得ているのでした。

「駄菓子屋さんぽ」は、六間通りにはためく「ラムネ」の旗が目印の小さな駄菓子屋さん。お店は以前は喫茶店だったそうですが、2008年より駄菓子屋さんを始めたんだとか。店頭ではアンパンマンのフィギュアがお出迎え。駄菓子が溢れんばかりに並ぶ店内に足を踏み入れるだけでワクワクしちゃいます。
おなじみのチロルチョコや10円ガムから、普段あまり見かけないフレーバーのうまい棒、ジュース瓶の栓みたいなデザインのラムネ菓子、くじ付きの飴玉など、大人も楽しめる駄菓子のオンパレード♪あれもこれもとついつい手が伸びてしまい、いつの間にか買い物カゴは山盛り。だけど、お会計はいたってお財布にやさしいのでご安心を。ちなみに、都内一の品揃えを誇るうまい棒の一番人気はチョコ味だそうです。
お菓子以外にも、シャボン玉やスーパーボールなどのおもちゃ、ジャニーズやAKBのカードも揃っていて、小さい子どもからお年頃の小中学生まで、いや、大の大人も毎日通っちゃいたくなる駄菓子屋さん。朝9時~夜7時半という勤勉な営業スタイルも会社員みたいでステキ。田園調布を訪れた際には、ぜひぜひ立ち寄っていただきたいお店です。店先にはイスやゴミ箱などが用意され、買ったお菓子を即いただけるのがうれしいところ。そうそう、歩き食いはお行儀悪いですから!

http://sokuza.com/5237

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , ,

TEXT: Kawori Nakagawa