芸術の秋に。 「ワタリウム美術館」 

ワタリウム美術館 カフェ

もうじき、外苑前のイチョウ並木も色付く頃でしょうか。外苑前駅から歩くことしばらく、外苑西通り(通称キラー通り)にたたずむ、一際目を引くアートな建築物。そう、やっぱり、それはミュージアム。

ワタリウム美術館は、スイスの建築家マリオ・ボッタの設計により1990年に開館。「建築彫刻」の美術館というだけあって、その美しい外観からして既にアート臭がプンプン漂っております。
こちらの美術館では、世界的な視野のもと、コンテンポラリーアートを中心に建築、写真、映像メディア、デザインなどの展覧会を企画。展覧会作りには専門家を招いて、コンテンポラリーアートの発展に国際的に貢献しているアーティストの参加を実現しています。国際的アート界における日本の位置の再検討を迫る場所でもあり、日本やアジアのアーティストについても丹念な関係構築を目指しているとのこと。また、展覧会に関連する講演会、ワークショップ、パフォーマンス、コンサート、上映会、ギャラリートーク、子供のための教育プログラム、国内外の展覧会見学ツアーの実施などの活動も行っていて、美術館の中だけにとどまらない魅力が満載です。
併設する地下1階のミュージアムショップ「オンサンデーズ」は多数の美術書、洋雑誌の他、文具や雑貨などのアートグッズが揃っていて、展覧会を見た後はもちろん、ひと癖ある面白いプレゼントをお探しの方にはおすすめです。お店の半地下部分にはカフェコーナーもあり、海外からの美術書・洋雑誌に囲まれた落ち着いた雰囲気の中でオシャレにお茶することができます。本格的なエスプレッソ(350円)やカプチーノ(500円)、軽めのランチにちょうど良いサンドウィッチ(4、5種類900円~)、更に、展覧会のテーマに合わせたスペシャルメニューも随時用意されていて、何度でも訪れたい穴場的カフェです。

現在、ワタリウム美術館では11/27(日)まで草間弥生展を開催中。オンサンデーズにはレアな草間グッズが集結し、カフェは期間限定の水玉模様に変身!スペシャルメニューの水玉ケーキも気になる~

ワタリウム美術館

on sundays’ カフェ / 外苑前駅表参道駅明治神宮前駅

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa