「ノワ・ドゥ・ブール」の  焼きたてフィナンシェ

noix de beurre

できたて、もぎたて、しぼりたて…。人は皆、「~たて」という言葉に弱いものである。そんな人の弱味につけこんだ「つくりたて」のお菓子を販売する何とも魅力的なお店が伊勢丹B1Fに出現しました。

「ノワ・ドゥ・ブール」とは、フランス語で小さなバターのかたまりのこと。「アンテノール」などを運営する洋菓子メーカー「エーデルワイス」が2011年3月にオープンさせた伊勢丹限定ブランドです。
このお店がこだわるのが「つくりたて」「焼きたて」をお客さんに味わってもらうこと。この芳ばしいバターの香りに気付いてしまっては、店前をスルーできるはずがありませんよねぇ。
このお店の看板商品が「焼きたてフィナンシェ(210円)」。原材料に、ローストしたスペイン産マルコナ種アーモンドプードルと焦がした北海道産発酵バター、風味豊かなきび糖を使用。高温のオーブンで短時間で焼き上げ、外はカリッと、中はしっとりとした食感に仕上げています。ひと口頬張ると、外側のカリカリとした香ばしさの後で、じゅわ~っと口いっぱいに広がる発酵バターの芳潤な風味。ハァ~、とため息ものの美味しさ。カワイイわっぱ入りの詰合わせ(5個入1365円)は手土産に最適です。
「レモンのケーキ(294円)」はシャリっとした糖衣に包まれた甘酸っぱいケーキ。レモンのフレッシュ果汁を使用しているので香り豊か。焼き上がりより翌日からがしっとり感が増して美味しいらしい。…はい、買ってその場で食べたのは私です、ごめんなさい。(でも、当日でも美味しかったですよ♪)
こちらの「カヌレ(189円)」はやや小ぶり。外側がガリっとよく焼けてて、中もっちり。ラム酒のきいた、なかなか好みの食感でした。
その他、バターとはちみつの香るやさしい味わいの「マドレーヌ・ママン(210円)」、注文を受けてから仕上げるサクサクパイの「ミルフィーユ」、ホイップしたばかりの生クリームをかけたショートケーキ「フレーズ・シャンティ」など、とても魅力的な品揃え。つくりたての美味しさを、みなさんもぜひ体験してみてくださーい。

ノワ・ドゥ・ブール 新宿伊勢丹店洋菓子 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa