「モスバーガー・クラシック」  で ちょっとお背伸びモス

私が小学生の頃、マイホームタウン(=ド田舎)にある唯一のファストフード店がモスバーガーでした。マックもロッテリアもない独占市場状態。だからと言って、おごり高ぶるワケではなく(笑)、オーダーを受けてから調理されたハンバーガーは、非常に丁寧に仕事をされていて、とても美味しかったのを記憶しています。ごく稀ですが、お母さんが仕事帰りにモスの紙袋を携えて帰って来たときは、飛び上がるくらいうれしかったなぁ。

そんな、幼い頃から慣れ親しんだモスバーガーが展開する本格的なハンバーガーダイニングが「モスバーガー・クラシック」です。
「本格的なアメリカン・クラシックスタイルを追求したハンバーガーダイニング」をコンセプトに、1999年に「MOS’s-C(モスズシー)」として神楽坂にオープン。後の2008年、「モスバーガー・クラシック」としてリニューアル。神楽坂の雰囲気を取り入れた和洋折衷の店舗で、いつものモスバーガーのお店では味わえない本格グルメバーガーを楽しむことができます。

こちらの看板メニューが「神楽坂バーガーわさび(1080円)」。国産ビーフ100%のパティの上にグリルしたエリンギとマッシュルーム、さらにスライスした長ネギをトッピング。トマトとレタス、ふんわりパンズでサンドされたハンバーガーは、紛れもない、ザッツ・グルメバーガー。ジューシーなパティにシャキシャキ長ネギが良いアクセント。後でワサビの風味が追っかけてきます。うーん、これは大人な味わい。ビールが飲みたくなりますね~。
ちなみに、こちらのモスではアルコールも販売。ビールにハイボール、ワインにカクテルと居酒屋並のドリンクメニューが揃っています。
ハンバーガーは他に「アボカドバーガー(950円)」 「テリヤキバーガー(800円)」「チリバーガー(900円)」「タルタルバーガー(950円)」など全23種類。サンドイッチも「エビとアボカドのサンド(950円)」と「B.L.T.サンド(850円)」の2種類があります。
いつものモスバーガーも良いですが、神楽坂に来た際には立ち寄ってみてはいかがでしょう。

MOS BURGER CLASSIC 神楽坂店ハンバーガー / 牛込神楽坂駅神楽坂駅飯田橋駅

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa