やわらか太麺に恋してる。 「来来来」のちゃんぽん

前回のナポリタンから、来ました、やわらか太麺ブーム。ラーメンも、最近は極太麺とか平打ち太麺とかいろいろありますけど、たいていコシの強いタイプが主流ですよね。だけど、ラーメンの元祖太麺といえば、やわらか太麺のちゃんぽん麺。思い返せば子供の頃、給食で食べたちゃんぽん麺の、スープを吸い込みまくったのびのび感が好きでした。というわけで、今回は子供から大人まで皆に愛されるちゃんぽんの名店をご紹介いたします。
三軒茶屋駅から茶沢通りをてくてく歩いて、ちょいと横道に入ったとこにあるお店が、長崎ちゃんぽん「来来来」。その日はけっこうな雨降りの日曜でしたが、お昼すぎに着いたお店の前には父母+子供2人の先客が待機中。その後も次々にお客さんが来て行列を作ります。
しばらくして店内に入ると、中は至ってコンパクト。カウンター越しに店主のおじさんが鍋を振るっています。スキンヘッドで一見コワモテですが、店内でジャズが流れていたりするところをみると、ミュージシャン志望で長崎から上京したのかな?と勝手に想像してしまったり。真相は不明ですが、テキパキとした仕事ぶりといい、手が空いたら外に並んでる客に注文を聞きに行く心遣いといい、なんだか好感の持てる店主さんです。

さぁ、お待たせしました、人気の「ちゃんぽん(850円)」の登場です。キャベツ、もやし等たっぷりの野菜とエビ、イカ、豚肉、ピンクのかまぼこ…と具だくさん。白いスープは魚介と野菜の味が溶け込んだまろやかでコクのある味です。決して濃すぎず、やさしい塩味。熱い内にレンゲでゴクゴク飲み干すか、やわらか太麺にスープがふんだんに凍み込むのを待つか、楽しみ方はアズユーライク。

ちゃんぽんと人気を争う「皿うどん(850)」は、パリパリ揚げ麺の「細麺」と、炒めたちゃんぽん麺に野菜あんをかけた「太麺」があります。次回はぜひトライしたい一品。
その他、長崎弁で1ランク上を意味する「そぼろ」を名に冠した豪華版ちゃんぽん「ソボロちゃんぽん(1050円)」も気になる~。今度の給料日に、どぉ?

來來來 ちゃんぽん / 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード ,

TEXT: Kawori Nakagawa