そこに、 ティグレのパンがある幸せ。

学芸大学駅から少し離れた住宅街に店を構える「ティグレ」は、2007年オープンした人気のパン屋さん。シェフの望月氏が寅年生まれであることにちなんで、イタリア語でトラを意味する「Tigre(ティグレ)」と命名したそうです。トラのイラストがかわいいお店の看板。焼きたての芳しいパンがずらり並んだ店内は、ひっきりなしに訪れるお客さんで混み合っています。

小麦本来の旨みを引き出す低温長時間発酵によるバケットが自慢のこのお店。シンプルなものから惣菜系、スイーツ系など多彩なバケット達が揃っています。
「アナナス(180円)」はバケット生地にドライパイナップルとホワイトチョコを包んで焼き上げたスイートなフランスパン。外側パリパリで歯切れがよく、癖になりそうな南国風味です。姉妹品に、ドライアップルとキャラメルチョコの「ポンム(230円)」、ドライストロベリーとホワイト&ミルクチョコの「フレーズ(230円)」があります。塩味系だと、バケット生地にバターと醤油がじゅわっと染み込んだ「コーンバターしょうゆ(230円)」や、ゴマを練り込んだ生地に豚肉100%の粗挽きウィンナーを巻いた「ゴマフランク(260円)」がお気に入り。パンはもちろんのこと、ウィンナーがやたらウマいんです、これが。
クロワッサンやキッシュなどオシャレ系パンの他に、メロンパンやクリームパンなど庶民的なおやつパンがあるのも魅力。中でも、生クリームでコクを出した「つぶあん(100円)」はあんパン好きの私にはたまらない逸品。この味でこの価格は感動ものです。「黒糖パンの黒ゴマきなこスティック(210円)」は、やわらか~い黒糖パンに黒ゴマきなこクリームをはさんだやさし~い甘さのパン。土日祝限定の「黒マメ豆乳パン(150円)」は、豆乳を使ったもっちり生地にふっくら大きな黒豆がどっさり入ってます。和菓子みたいで美味しい♪
どのパンも完成度が高いのに、良心的な価格には驚き。本格的な有名ブーランジェリーと同様の実力と、街のパン屋さんの温かさを兼ね備えた名店。この近所に住む人がうらやまし~~

Panaderia TIGRE パン / 学芸大学駅

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa