初・体・験! 武蔵野うどん「大盛」

日頃から、うどん好き、オジサン好きを公言している私のもとに、ある日、知人よりうどん便りが届きました。それによると、何でも、讃岐うどんの次は武蔵野うどんが来るんだとか。初・武蔵野うどんを体験すべく、向かった先は新宿歌舞伎町。こんなところにうどん屋さんがあるんでしょうか。あるんですよ、これが。

西新宿駅近くにある小さな居酒屋風のお店。「大盛」と書いて「たいせい」と読みます。「おおもり」ではありません。ホッピーのちょうちんを店先に掲げる同店は、夜はもちろん歌舞伎町を彩る居酒屋の1つなのですが、ランチ時はコシのある武蔵野うどんでお腹を満たそうと息巻くお客さんで満席。うどん通にはちょいと知られたお店なのです。

そもそも武蔵野うどんとは、埼玉から多摩地域に伝わるうどん。かなり強いコシがあり、ざるに盛ってつけ汁につけて食べるのが一般的な食べ方なんだとか。埼玉の方では「山田うどん」などチェーン展開する店もあるほどに武蔵野うどんが普及していますが、都内では讃岐に比べると珍しいジャンルのうどんみたいですね。

さて、初体験の武蔵野うどん。スタンダードの「肉汁うどん・並(680円)」をオーダーします。麺の量は小200g、並300g、中400gまではお値段いっしょ。大600g(830円)、特800g(980円)、特得1㎏(1050円)と続きます。1㎏とかワケわかんないですが、一度挑戦してみたいですね。
出てきたのは麺と肉汁が別々になったつけ麺スタイル。細目でギュッとしまった麺は地粉をブレンドした自家製麺、濃厚なつけ汁は利尻産昆布をはじめとする厳選素材を使用し、すべてお店で手作りしているそうです。豚肉と葱がどっさり入った旨味たっぷりの濃厚つけ汁に、主張ある固めの麺が相性ばっちり。同価格なら麺を中400gにしとけばよかった…。後悔先に立たず。

一方の「カレーうどん(780円)」は、汁につかっているためか麺の固さは軽減。やさしい味です。
その他、冬限定の「えびクリームうどん(980円)」など、魅力的なメニューも多数。武蔵野うどん、ハマりそうです。

新宿 大盛 うどん / 西武新宿駅新宿西口駅新宿駅

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa