恋しくて… 「味噌煮込罠」の 味噌煮込みうどん

味噌煮込罠@本郷三丁目

名古屋で学生時代を過ごしたダンナ様は、時折ナゴヤ飯が恋しくなるらしい。ご希望に答えて家にあった材料で適当に味噌煮込みうどんを作ったら、「本場の味噌煮込みうどんが食べたくなったな~」ですって。失礼しちゃうわ。

「味噌煮込罠(みそにこみん)」は、東京に美味しい味噌煮込みうどんのお店がないと嘆いた愛知県出身の店主が、だったら自分でお店を開こう!と2007年にオープンしたお店。本郷三丁目の裏通り、金のシャチホコを飾った小さな扉の前には、ランチ時ともなるとアツアツの味噌煮込みうどんを求める人々が列をなします。

人気の秘密は素材へのこだわり。味噌は、愛知・岡崎の八丁味噌と、店主の出身地である刈谷の赤味噌と白味噌を独自に調合したもの。八丁味噌ならではの濃厚なコクと旨みが特徴です。この味噌に、羅臼昆布と日高昆布、サバやカツオなど数種類の削り節を贅沢に使用した出汁を加えることで、濃厚で旨みたっぷりのスープが出来上がります。
この中に加えるうどんがまた、毎朝手打ちするというこだわりよう。厳選した小麦粉を使い、塩を用いず真水で打つことで独特のコシを出しています。

このスープとうどんを土鍋に入れ、鶏肉、油揚げ、卵、ネギと共にグツグツ煮立てたのが人気の「味噌煮込みうどん(800円)」。手打ちうどんは、最初ちょっと固いように感じますが、土鍋で煮込まれるうちにスープの旨みを吸い込んで程よい固さに。味噌の濃厚な風味がたまりません。ランチ時はライスがセットになっていて、うどんの後の土鍋に投入しても美味しい。ライスはおかわり無料ですから、腹ペコ炭水化物好きにはうれしいですね。これで800円は安い!ダンナ様も大満足の様子。

ランチメニューは他に「キムチ味噌煮込みうどん(900円)」と「イタリアン味噌煮込みうどん(1000円)」の全3種。前者はキムチを加えたもの、後者はトマトソースとチーズを加えたものです。意外なようですが、味噌とトマトは相性バッチリ。土鍋でスープパスタを食べているかのようなオシャレ感です。一度お試しあれ。

味噌煮込罠 うどん / 本郷三丁目駅水道橋駅湯島駅

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa