スタイリッシュな近未来的神社 「赤城神社」

神楽坂に鎮座して700年以上もの歴史を持つ赤城神社。祭神は「岩筒雄命」という火の神様で、特に火防の神として高いご神徳を発せられるといいます。この度、社殿の老朽化等に伴いリニューアルしたばかりのこちらに訪れてみました。

「赤城神社再生プロジェクト」と称し、2009年より工事が行われていた同神社。1959年に竣工した社殿が建て替え時期を迎えたということもありますが…。神社に併設した幼稚園が少子化等の理由により閉園を余儀なくされたこと、さらに、奉納や寄付の減少といった経営難も裏にはあったようで。しかし、神社の敷地内にある幼稚園跡地に分譲マンション建設なんて、神社運営のためとは言え、ずいぶん思い切ったなぁ、というのが率直な感想。時代が変わったということかしら。

できたてほやほやの真新しい社殿は、ガラスと木材を使ったオシャレなデザイン。隣接するマンションの1階にはカフェやライブラリーを併設。かっこよすぎて、なんだかちょっとバチあたりな感じです。

世界的建築家・隅研吾氏の設計監修による斬新かつ格式高いデザインに生まれ変わった赤城神社は、「社」と「坂」をイメージ。ガラスを使うことで、外光をふんだんに取り込んだ明るく清浄な空間を創り出しています。
ちなみに、マンション住居棟には、参道と同じ白御影石や連子格子風の建具を使用するなど、神社とのイメージを統一させるといったこだわりよう。一体どんな神々しいお方がここにお住まいになるのでしょうか。食事は玄米、スチーム野菜に金目鯛の干物、日本酒を少々。たぶん、宅配ピザは注文しないと思います。

赤城神社では婚礼の挙式も可。雅楽の生演奏をバックに神前式挙式…、う~ん、雅ですねぇ。おごそかな雰囲気の神社も素敵ですが、こうゆうスタイリッシュな神社も若いカップルにはウケが良さそう。私が訪問した際も、和装で決めた新郎新婦がハレの日を迎えていらっしゃいました。

今までの概念を覆す、近未来的オシャレ神社。神楽坂散策の途中で、一度お詣りしてみてはいかがでしょう。

赤城神社

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa