神楽坂でご満悦♪ 龜井堂のクリームパン

神楽坂が好きで、よく行きます。こう言うと、「え~!神楽坂で食事なんてリッチだねぇ!」と返されますが、決して皆が想像するような割烹やビストロに行くわけではありません。神楽坂には、ペコちゃん焼きをはじめ、気軽に外でパクつける食べ物が多く存在するのです。

「龜井堂」は創業1890年。瓦せんべいで有名な上野の老舗和菓子処の工場だった場所を改築し、パンや洋菓子を販売するベーカリーを開店。今や、神楽坂といえば名前の挙がる人気店となりました。ちなみに、2階はレストランになっていて、レトロな雰囲気で洋食などを楽しむことができます。

こんがり焼けたパンが並ぶ小さな店内。この中で一番人気なのが「クリームパン(200円)」です。ずっしり重みのあるパンにかじりつくと溢れ出るカスタードクリーム。たまに、なかなかクリームに到達しないクリームパンってありますけど、こちらの場合もれなく1口目からたっぷりクリームにありつけます!クリームで手が汚れないよう回りを包んでいると言って良いほど薄いパン生地は、こんがりきつね色で香ばしい風味。それにしても、本当にやさしく取り扱わないとパンはクリームの重みでボキッと折れてしまいそうです。なるほど、店内でパンを選ぶ時、クリームパンだけはトングで挟まず、専用のコテみたいな道具で過保護に扱う理由がわかりました。
近年バニラビーンズを使用するお店が多い中、こちらのカスタードは昔ながらのやさしい味。バニラビーンズ入ってるとオシャレな感じでいいけど、時々こうゆう懐かしい風味が恋しくなるんですよね。

ランチ用には「メンチカツバーガー(320円)」がおすすめ。2階のレストランで人気のメンチカツをトマトと一緒にサンドしたハンバーガーは、ジューシーなメンチカツと甘口ソースに、トマトの酸味がアクセント。こちらもボリュームたっぷりです。

お店の一角にはイートインスペースもありますが、お天気の良い日は近所の白銀公園でパクつくのが最高。お金持ちじゃなくても、神楽坂でお腹も心も大満足できますよ~。

亀井堂 パン / 神楽坂駅牛込神楽坂駅江戸川橋駅

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa