ナカメの個性派うどんsugita

なんでも、元会社経営者のオーナーが、自分の食べたいうどんを作ろうと2007年に自宅改装してオープンしたというお店。10人ちょっと入れば満席になりそうな小さな店内は、テーブルやイス、音楽に至るまで程よくオシャレ。やっぱ、ここナカメですから。

まず最初に運ばれてきたのは、生醤油ベースの自家製だし醤油をお好みでかける「冷やしぶっかけ・5色揚げ付(800円)」。麺は普通のうどんより細目ですが、そのムギュっと濃密なコシの強さに驚かされます。青海苔、小海老、ねぎ、しょうが、さきいかの入った5色揚げは、音が響くぐらいカリカリ!塩がきいてて美味です。これを砕きながらうどんと一緒に食べると、味と食感の良いアクセントに。大根おろし、ねぎ、レモンでさっぱりといただきましょう。

さて、お次は評判の1日限定7食「のりぶっかけ(1100円)」の登場です。
もし自分が薄毛で悩んでいたら、思わず頭に乗っけてしまいたくなるほど黒くフサフサとしたその固まり。見た目、立派なヅラのようなそれは、下のうどんが全く見えないくらいにたっぷり盛り付けられた極細きざみ海苔。その中には、青海苔を練りこんだ薄い緑色のうどんが隠れています。トッピングだけでなく麺にまで、とことん海苔たっぷり。見た目だけでなく、まさに「食べるカツラ」と呼んでも過言ではありません。
あんまり美味しくなさそうなキャッチコピーをつけてしまいましたが、ご心配なく、ちゃんとした美味しいうどんです。四万十の川海苔を練り込んだ麺は、前述の白い麺同様の強いコシ。きざみ海苔と共にトッピングされた温泉玉子を麺に絡ませながら食べれば、玉子のまろやかさと海苔の風味が口いっぱいに広がって…、う~ん、トレビア~ン。(※ぶっかけのだし醤油は、海苔の風味を存分に楽しめるよう控え目にするのがおすすめですぞ!)

これはこれは、個性的かつ美味しいうどんをいただきました。ただし、食後はお歯黒の確率大なので、初デートには向いてないかも。そして、恐怖!明日のウ○コは真っ黒かもしれない…。失礼しました。

うどん sugita うどん / 中目黒駅祐天寺駅代官山駅

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa