しぼりたてミルク味 「毬まる」のソフトクリーム  

ふと街で見かけて心踊るもの。それは、ソフトクリームの看板。黄色いコーンに白いクリームをぐるぐると盛り付けた、あの、ふとっちょのボディがたまらなく愛らしくて、お持ち帰りしちゃいたいくらい。かつて一度、そのソフトクリーム君の乱立するとある観光地で「これだけたくさん並んでいたら1個ぐらい無くなっても気付かれないだろう」とお持ち帰りを試みたことがありますが、思いの他ヘビー級なボディを運ぶことができずに断念。(←よい子はマネしちゃいけません。)ちなみに、ソフトクリームのディスプレイ(照明つき)は安いものでも2万円近くするみたいです。

さて先日、尾山台の駅から目黒通りへ向かう途中で、かわいらしいソフトクリームの看板が立っているのを見かけました。
その看板が目印のお店の名は「毬まる(いがまる)」。静かな店内は、お金持ちのご近所さんのお家にちょこっとお邪魔させてもらったような、アットホームでありながら、少し背筋が伸びるような上品な雰囲気です。
もちろん、こちらの看板商品はソフトクリーム「燦(さん)350円」。北海道の江別トンデンファームの新鮮な美味しい牛乳を空輸して作るというソフトクリームは、牛乳97%から出来ており、砂糖は一切使っていないんだとか。原材料に含まれる加糖脱脂れん乳に糖類が使用されているとはいえ、その甘さはとてもやさしく、牛乳本来の風味が活きた豊かな味わいです。それはまるで、牧場で食べるしぼりたてミルクのソフトクリーム…こんな都会のど真ん中で味わえるなんて、幸せ♪
濃厚な牛乳の味わいでありながら、さっぱりとした口あたりが、暑い夏にはうれしいところ。カロリーは牛乳1杯分だそうです。お風呂上がりに、手を腰にしてグイッといただきたいですね。

シンプルなソフトクリームの他、あんみつや冷やしぜんざいと組み合わせたものもあるようです。私同様、ソフトクリームのディスプレイを見たらじっとしていられないと言うあなた!ぜひ一度ご賞味ください。

毬まる

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa