パンとショコラの美味しい関係 「パン・オ・ショック!」

伊勢丹新宿店B1Fでパンの香りを漂わせるアンデルセンの一角に、この度「パン・オ・ショック!」というお店ができました。なんと、あのショコラ界の貴公子ジャン=ポール・エウ゛ァン氏が監修するショコラと、アンデルセンのパンのコラボレーションが実現。チョコ好き、エウ゛ァン氏好きとしては食べないわけにはいきません。

まずビジュアルから目を引くのが「クリップ」シリーズ。小さなフランスパンに板状の有塩バターとショコラをはさんだキュートなサンドイッチです。要冷蔵の取り扱いですが、食べるときは中のバターとショコラを一旦取り出してからパンをトースターで軽く焼いた方が美味しいらしいです。
「クリップ(フォルティシマ)210円」はカカオ80%ショコラと有塩バターを1枚づつをはさんだ丸いパン。甘いスパイス香るビターチョコの苦味と酸味をバターがやさしく包みます。「クリップ(カラカス)273円」はカカオ75%ショコラと有塩バターを2枚づつはさんだ細長いパン。大胆なバター使いに少々たじろいでしまいますが、クリップに使われるフランスパンにはバターが入っていないので、案外あっさりとした味わい。こちらはコーヒーとキャラメル香の深みのあるショコラ。さすがエウ゛ァン氏、いいチョコ使ってます!
その他、クロワッサンやパンオショコラなど、一口サイズの小さな菓子パンも10種類ほど。使っているショコラは全て異なるそうです。「プチブリオッシュ(サレ)189円」は口どけのよいブリオッシュ生地でブルターニュ塩が入ったビターなガナッシュを包み、上にマカロン生地をかぶせて焼き上げたもの。上はメロンパンみたいな甘く香ばしい生地で、中のガナッシュの苦味を引き立てています。「ロンド(フランボワーズ)210円」はクロワッサン生地でフランボワーズピューレを加えたガナッシュを包み、しっとりと焼き上げたもの。フルーティーな酸味のガナッシュとバターたっぷりのクロワッサン生地の組み合わせがたまりませ~ん。

香り高いショコラとパンの組み合わせを楽しむ新しいスタイル。ぜひお試しを。

PAIN AU CHOC! 伊勢丹新宿店 (パン / 新宿三丁目、新宿、新宿西口)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa