ママも喜ぶママの味 「ミルキーロール」

Milky roll cake

「♪ミルキーはママの味」でおなじみのミルクキャンディ、不二家のミルキー。おいしいけど、油断すると歯にくっつくので正直あまり食べないのですが、ミルキーの包み紙はかわいくて大好き。チェルシーの包み紙も好きで、子供の頃は食べ終わった後の包み紙を後生大事に箱にしまっていたくらい。貧乏臭いコでした。

ところで、みなさんのお家の近所に不二家さんはありますか?残念なことにウチの近辺には見当たらないのですが、2009年より全国の不二家洋菓子店で販売している「ミルキーロール」を食べてみたくて、銀座に行ったついでに不二家数寄屋橋店へ立ち寄りました。数寄屋橋店には銀座限定の「銀座ミルキーロール(800円)」や「ミルキーパイシュークリーム(210円)」があり後ろ髪をひかれましたが、今回は基本の「ミルキーロール(1000円)」を購入。

その名の通り、ミルキーをイメージした真っ白なふわふわ生地で、たっぷりなめらかなミルキークリームを包み込んだロールケーキ。乳脂肪47%の生クリームと、ミルキーと同じ練乳を使用したミルキークリームは、乳味豊かでありながら口どけ良くすっきりとした味わい。ぐるぐるうずまきロールではなく、ひと巻きロールゆえ、クリームたっぷりなのですが、全然しつこくなくてスイスイ食べれちゃう危険なロールケーキ。うっかり1本まるごと完食してしまったのは、私だけではないはずです。
ロールケーキの美味しさはさることながら、特筆すべきはそのキュートなパッケージ。キャンディのミルキーの包み紙と同じデザインの包装フィルムを使ってロールケーキを包み、その両端をキャンディのようにねじって仕上げた、とっても可愛らしくてシャレのきいたお姿なのです。こんなお土産を持ってお家に帰ったら、子供が喜ぶのはもちろんのこと、なつかしさにママも思わず顔がほころぶこと間違いなし。お父さん支持率UP間違いなし。お手頃価格もうれしいですよね。

ちなみにミルキーパイシューも、ミルキー柄の包装でかわいいです。次回はパイシューをお土産に買ってみよっ♪

不二家 数寄屋橋店 (ケーキ / 銀座、有楽町、日比谷)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , ,

TEXT: Kawori Nakagawa