大人もワクワク♪ おもちゃのデパート「博品館」

Hakuhinkan大人のおもちゃ屋さん。こう聞くと、どうしてもHな想像をしてしまうのはいたしかたないですが、純粋に、大人もワクワク楽しめるおもちゃのデパートとして、こう呼んでしまいたくなるお店、それが銀座8丁目にある「博品館」です。
その歴史は古く、1899年に前身である「帝国博品館勧工場」が創業。「帝国」って付いちゃってる時点で歴史を感じますが、「勧工場」とは、百貨店の原型とも言われ、今日のショッピングセンターのように全館がバラエティに富んだテナントにより構成されたものだったんだそうです。1921年には4階建ての近代ビルに改装され、銀座のお店で初めてエレベーターを設置。また「百貨店」という言葉を初めて使用して話題になったのもこの頃。後の1978年に現在の10階建てのビルを新築し、1986 年には、日本一大きなおもちゃ屋さんとして、ギネスブックにも名を連ねました。

博品館ビルの中は、地下1階~4階がおもちゃ売場、5階6階がレストラン、7階はオフィスで8階が劇場となっています。
地下は、リカちゃん、バービー、ブライスなど多数のドールを揃えた「ファッションドールパーク」。
1階は、流行りものやパーティーグッズ等が幅広く並んだ「バラエティグッズ」。
2階は「ぬいぐるみ&キャラクター」。渋い日本人形まで売ってます。
3階には、品質・安全面・丈夫さなどにこだわって世界中から集めた乳幼児向けのおもちゃコーナー、レゴブロックやレゴグッズを集めた「レゴショップ」、木製レールトイ・BRIOの日本一の売り場を誇る「BRIO PARK」、子供向け家具のコーナーなどがあり、赤ちゃん連れの家族におすすめです。(ちなみに授乳室とおむつ替えは4階。)
「ゲーム&ホビー」の4階は、テレビゲームをはじめ、大人も楽しめるチェスやダーツ、プラモデルやフィギア、手品グッズも揃うちょっと男臭いフロア。休日は少年のような瞳をしたお父さん達に出会えます。

レストランもあるので、テーマパーク感覚でゆっくり満喫したい博品館。ここは、大人が堂々と楽しめるおもちゃ屋さんなのです♪

博品館

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa