お酒のおつまみの新定番、 升本屋の塩みつかりんとう

友達との飲み会に、柿ピーを持参してきたそこのキミ!
…古い古い!古すぎる!遠足にカプリソーネを持って行くのと同じくらい発想が昭和ですぞ!そんなことじゃ、意中のあのコの気を引くことは到底できないでしょうね。こうゆうシーンでこそ、あなたのセンスが問われるのですから、気を引き締めて、彼女へのプレゼントを探すくらいの気持ちで、飲み会に持参するおつまみのセレクトに尽力しましょう。たかが飲み会のおつまみ、されど、です。

今回は、そんなあなたにおすすめの、升本屋の「塩みつかりんとう」をご紹介します。
升本屋は、笹塚駅から徒歩5分くらいのところにある創業1949年の酒屋さん。「酒と食のセレクトショップ」を目指してオリジナル商品の開発に着手し、2003年から発売されているのが「こだわりのかりんとう」シリーズです。
「黒糖」「きび砂糖」「多胡麻」「わさび」「しょうが」「七味とんがらし」「黒こしょう」など12種類のかりんとうを販売していますが、ダントツの一番人気は「塩みつかりんとう」。
ギネスブックにも登録されている、21種類のミネラルを含む「シーサーミネラル21塩」を使用。今となっては珍しくない塩スイーツですが、こちらの発売当時は、かつてない甘じょっぱい味がクセになると話題に。程よい甘さの中に、風味豊かな塩味が全体を引き締め、一度食べ出すと止まらなくなる後を引く美味しさです。140g(420円)の袋はアッと言う間にスッカラカンになってしまいました。し、しまった、味見のつもりが、つい…。
升本屋さんによると、泡盛や日本酒、焼酎、白ワイン、ドライシェリーなどのお酒によく合うんだとか。次回はちゃんとお酒と一緒にちびちび食べようと思います。

さあ、みなさんも、今度の飲み会のおつまみは迷わず「塩みつかりんとう」ということで。それに合うお酒も一緒に持参すれば、意中のあのコとの会話もお酒も進むこと間違いなしです。

東京 世田谷 升本屋 (和菓子 / 笹塚、東北沢、代田橋)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa