鍋物的栄養満点 ボリュームうどん「どんたく」 

どんたくのうどん@二子玉川

博多うどん小麦屋 どんたくうどん4月だというのに、まだまだ寒い日が続きますね。こう寒いと、なかなか手放せないコートと鍋物。東国原知事は夏でも鍋物を食べていらっしゃると聞きましたが、1年中鍋物でよかったら主婦としてはバンザイ、つまり楽チンです。材料切って鍋に入れて煮るだけで、洗い物も少ないし、何より野菜がたっぷり食べれるのがうれしい。うどんや雑炊で締めれば、お腹も大満足。私は東国原知事の唱える「年中鍋物論」に賛成します。

そんな完全栄養食、鍋物をそのままうどんにしたような、野菜たっぷりボリュームたっぷりのうどんがいただけるのが、二子玉川にある「手打ちうどん どんたく」です。
高島屋の裏手、雑居ビルの地下1階に店を構えるこちらのお店で、年中人気の名物うどん、「どんたく(1100円)」。キャベツやもやし、にんじんなどのたっぷり野菜と、豚バラ肉、エビやイカなどの魚介が入った、いわゆる、ちゃんぽんうどんです。手打ち麺特有のバラつきはありますが、コシのある太めのうどんと胡椒の利いた濃厚なスープがマッチしています。それにしても、噂では麺が350gと聞きますから、軽く2人前のボリュームには驚き。食事をする時間があまりないほど忙しい方、またはお財布がさみしい方、ここで二食分の栄養をチャージしておきましょう。この後どこかお茶でもする予定の方は「どんたく小(1000円)」にしておいた方が良いかもしれません。(小でもけっこうなボリュームですが。)
ちなみに、お口直しにガムや飴じゃなく一粒チョコがさりげなく付いてくるのが、チョコ好きとしてはうれしい心配りです。

他に、これまた量の多い「焼きうどん(1000円)」や、すだちを絞ったさっぱり味の「玄海(1100円)」、冬期限定の味噌煮込みうどん「田吾作(1100円)」など、人気メニュー多数。昼時はけっこう混み合いますが、たっぷり栄養とりたいな~って時は、どんたくのうどん、冬でも夏でもおすすめです。

手打ちうどん どんたく (うどん / 二子玉川、二子新地)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa