魂が求める味、551の豚まん

sooooooooo good!!!

ある日の夕方、携帯が鳴って、飛び込んできた朗報。今日ダンナは大阪へ日帰り出張だったのですが、段取り良く仕事が終わり、お土産を持ってこれから新幹線で帰るとのこと。そのお土産は、な、なんと、551の豚まん!
YUKIの曲は「うれしくって抱きあうよ」ですが、ダンナの帰宅後に抱きあったかどうかはご想像におまかせするとして、今時点ではひとまず、うれしくって小踊り♪だってだって、あの551の豚まんが久しぶりに食べれるんですもの~。

「551蓬莱」は正式には「株式会社蓬莱」で1945年創業。当時の本店の電話番号が64-551だったことから、味もサービスも「ここ」が「いちばん」を目指そうという意味を込めて「551」の名前が生まれたのだそう。
創業間もなく誕生した豚まんは、今や1日平均14万個も売れるという看板商品。お店で1つ1つ手作りするというこだわりで、モチッとふんわり甘い皮に、豚肉と玉ねぎが織り成す旨みと甘みがたまらないジューシーな具がたっぷり。このボリュームと美味しさで1個 160円は安い!逆に言おう、コンビニの肉まん、もっとがんばれ!

551の支店は関西圏のみなので、東京ではデパートの催事ぐらいでしか購入することができません。たまに電車で551の紙袋を携えたオジサンを見掛けると、「関西出張お疲れ様です!やっぱり551ですよね!」と声をかけたくなる私。西日本の出身だからでしょうか、横浜中華街の肉まんも美味しいけど、何だかしっくりこないんです。生まれながらにDNAに刻み込まれている551の味。ちょっと大げさかな。
RIMG32637そうだ、ダンナが帰ってくるまでに蒸し器の準備をしとかなきゃ。551の豚まんは冷凍ではなく、出来たてあつあつを急速冷蔵したチルド品。電子レンジで加熱してもいいですが、蒸し器の方が圧倒的にふっくら美味しくなります。
蒸し器に湯気がたち始めた頃、玄関のドアが開きました。おかえりなさい551!…じゃなかった、おかえりなさいご主人様!

551蓬莱 JR新大阪駅店 (肉まん・中華まん / 新大阪、東淀川、西中島南方)

(再び朗報。池袋西武で今月22日~5月5日開催の「全国味の逸品会」にて551の豚まんが買えます。ブクロへGo!)

全国味の逸品会
会期:4月22日(木)~5月5日(水・祝)
会場:7階(南ゾーン)=大催事場
https://www2.seibu.jp/wsc/010/N000033600/1522/info_d_pv

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa