五右ヱ門で湯豆腐

hakusan goemon

Goemon白山駅近くの商店街沿いに突如として現れる「五右ヱ門」の看板。コンビニの真隣のその門をくぐると、さっきまでの景色が嘘のような別世界が広がります。

創業昭和34年の日本料理店「五右ヱ門」は、古きよき東京の風情を味わえるとても貴重なお店です。このお店では、しっとりとした庭園や建物の雰囲気を楽しみながら豆腐懐石をいただくことができます。

個室は4人用と8人用があり、私の利用した4人用の個室は4畳ほどの広さでコンパクトではありますが、中央の炉を囲んで湯豆腐の鍋をつついていると、なんとも贅沢な気分に浸れます。

豆腐懐石のコースは、予算や季節によって内容は異なるとは思いますが、胡麻豆腐や揚げ出し豆腐、豆腐田楽などを経て、最後に湯豆腐の鍋が出てきます。まさに豆腐づくしの精進料理。とても上品な味付けで、ご年配の方、ダイエット中の方も安心して完食できます。

hakusan goemonそれにしても、私がお店を訪れたのは11月中旬の紅葉の季節だったのですが、障子の戸一枚隔てて外の割りには部屋の中が暖かくて、「炉ってこんなにあったかいんだ~」と感動してしまいました。でも、逆に夏だとかなり暑いんじゃないかなと思いますので、これからお店に行かれる方には少し肌寒いくらいの時期をおすすめします。

とにかく、とても趣のある、いとをかしなお店です。男子のお腹は満たされないかもしれませんが、女子を連れていったらモテるかもしれません。

豆腐懐石 五右ヱ門 (豆腐料理・湯葉料理 / 本駒込、白山、東大前)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa