縁結びの神様・神田明神にて 「天野屋」の甘酒をいただく

天野屋天野屋「明神様」の名で親しまれる神田明神は、1000年以上の歴史を持つ江戸総鎮守。縁結びの神様としても知られ、緑に囲まれた朱塗りの社殿で和装の本格神前式を挙げることのできる人気のウェディングスポットでもあります。

その神田明神の鳥居の脇にある「天野屋」は創業1846年。江戸時代から「明神甘酒」と呼ばれる甘酒が人気のお店です。かつて滋養強壮の飲み物であり、甘味源だったと言われる甘酒。今も創業当時と変わらず、店の地下6mにある赤レンガの土室で糀(米こうじ)が作られています。
その糀と飯を撹拌し、熱湯を加えて60℃で10時間発酵させると甘酒の完成。濃厚な甘さは、砂糖などを加えたのではなく、発酵の力によるもの。酒粕を溶いて砂糖で甘味を付けた一般的な甘酒とは異なり、自然な甘さで、しかもノンアルコール。これなら、彼氏ができますようにと願かけで禁酒中の女子も安心して飲めますね。
天野屋歴史を感じさせる渋い店内でいただく甘酒は、やさしい甘味で、思いの他さらりとした口当たり。温かいのと冷たいのがあるので、季節を問わず様々なシーンで美味しく飲めます。例えば、お風呂上がりに冷やし甘酒、腰に手を当ててグビグビ…、うん、流行るかも!
発酵によって作られる甘酒は、アミノ酸やビタミン類を含む栄養豊富な飲み物。無理なダイエットで艶の抜けてしまった貴女にもおすすめです。

天野屋喫茶の横の売店では、お土産用の甘酒はもちろん、わらび餅やお漬物、江戸味噌、納豆などが販売されています。売店の方では、紙コップでお手軽に甘酒が飲めちゃいますよ。神田明神に縁結びのお願いをしに行った際には、ぜひ立ち寄って栄養チャージして行ってください。

聞くところによると、5月~10月の期間限定で、甘酒をかき氷にした「氷甘酒」なるものが登場するんだとか。こちらも要チェックですね!

天野屋 (甘味処 / 御茶ノ水、末広町、新御茶ノ水)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa