小倉アイス発祥の 老舗甘味処「みつばち」

上野みつばち 小倉アイス

「みつばち」は、創業1909年の甘味処。東京メトロ湯島駅のほど近く、その名も「ハニービル」の1階に店を構える老舗中の老舗。1915 年に小倉アイスを日本で初めて売り出したお店としても有名です。添加物を一切使用せず、小豆と砂糖、水、少量の塩だけで作られる小倉アイスは、豆の風味がしっかりと生きた味で、ミルクやクリームなど乳脂肪分を加えていないのでさっぱりヘルシー。発売当初の大正時代から現代に至るまで、たくさんの人々に愛されてきたジャパニーズ・スイーツ。
店頭で注文すると、パリパリの最中の皮で挟んで手渡してくれる「小倉アイス(200円)」は、歩きながら食べれるので、短いランチ時間の締めくくりにマッハでデザートを胃におさめたい女子の強い見方ですが、お忙ぎでなければ、店内でゆっくり甘味を味わってみては。
あんみつ杏あんみつ(600円)は、やわらかく煮含めた甘酸っぱい干し杏と上品な甘さの餡とのハーモニーがたまらない一品。季節限定で、くるみあんみつや苺あんみつなどもあり、どちらもお好みで小倉アイスや白玉などをトッピングすることができます(各プラス50円)。
また店内の各テーブルには、沖縄産黒糖を使った黒蜜がポットでど~んと置いてあるので、アズ・ユー・ライクであんみつにたっぷりかけて召し上がれ~。(※お茶が入っているのと勘違いして湯呑みに注がないようにお気をつけください。)
テイクアウトには、小倉アイス以外にも、黒糖や抹茶、杏仁にラムネ、チョコミント、カシスまで、10種類以上のバラエティ豊かなアイスクリームが取り揃えられています。「ハニー焼き」と呼ばれる大判焼きも、定番の小倉だけでなく、きな粉餅、チーズなど、変わり種が気になるぅ~。
老舗の味を守り続けながらも、現代人のハートをとらえるそのメニュー展開に、みつばちの温故知新の精神を感じました。ブラボー。

みつばち 本店 (甘味処 / 湯島、上野広小路、上野御徒町)

Bean jam icecream on Anmitsu | 湯島 甘味処 みつばちの小倉あんみつ


マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , , , , ,

TEXT: Kawori Nakagawa