いつかは、VIRONで朝食を

20100128 Viennoiserie at VIRON

朝9時前の渋谷。昼間は多くの若者でごったがえすスクランブル交差点も、さすがにこんな早朝は人もまばら。そりゃそうです、若者はたいてい朝に弱いし、それ以前にファッション系のお店は早くても11時から、デパートでさえ10時開店なわけですから。だけど、そんな渋谷がまだ眠ってる時間から、開店を待つ人の列が出来ているお店があります。
渋谷の東急本店の向かいにある「VIRON(ヴィロン)」はフランスの香り漂うブーランジェリー・パティスリー。カッコつけた言い方しましたが、つまりは菓子店併設のパン屋さん。しかし、パン屋と言うのはしのびないほど、おフランスな雰囲気の溢れる素敵なお店なのです。
VIRONの朝食なう。山盛りパン&ジャムつけほうだい。パリ郊外の製粉会社VIRONの粉に惚れ込んだ創業者が、その粉を使ってフランスでしか味わえなかったパンを日本でもと2003年にオープン。1階が対面販売のパンと菓子の売り場で、2階のブラッスリーでは1階で買ったパンや食事を楽しむことができます。
開店前から並んでた早起きさんのお目当ては、9~12時(ラストオーダー11時)までの朝食メニュー。かごに盛られたバゲット、クロワッサン等の焼きたてパンに、フランス産の高級ジャム「ミオジャム」や蜂蜜を好きなだけ付けていただけるんだとか!私はまだ試したことがないので、その暁には、ジャムパン、いや、パンジャムかってほど、しこたまジャムを乗っけて食べてみたい…(ちょっとパンに失礼な食べ方ですけど。)飲み物付きで1260円。早起き得意な方は是非お試しください。

1階のパン売り場のおすすめは、ハード系のパンとサンドウィッチ達。特に、大きめサイズのパンに溢れんばかりに具がたっぷり入ったサンドウィッチは、ツナと卵、ローストチキンと人参サラダ、豚肉のパテとピクルスなど、種類豊富で選びがいがあります。キッシュやカヌレ、フィナンシェも、そのこんがり焼けた香ばしい色と匂いに誘われてついつい購入。これから暖かくなりますし、どこか公園で食べるのもいいですね~。桜をめでながら、サンドウィッチを頬張って…、はぁ~、幸せ~。

ブーランジェリー・パティスリー・ブラッスリー・ヴィロン 渋谷店 (パン / 神泉、渋谷)

Viron TreatsBrasserie Viron, Shibuya

Viron 渋谷


マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード ,

TEXT: Kawori Nakagawa