パティスリー 「ル・コワンヴェール」で アグネスホテルの魅力を甘噛み

CakeAtLeCoinVert2


言わずもがな、神楽坂には魅力的な飲食店が多い。東京中の料理人が「いつかは神楽坂にお店を開く」ことを目標にすると言われるほど、味・雰囲気ともにレベルの高い飲食店が軒を連ねる神楽坂。築地の次に、胃袋が1つしかないことを悔しく思う場所。ウチからは電車で40分とたいして遠くはありませんが、訪れる度に思います、いっそこのまま神楽坂に何泊かして気になるお店を全制覇したい…。そんな私にぴったりのモノを発見しました。

The Agnes Hotel and Apartments Tokyo神楽坂通りから路地を少し入ったところにある「アグネスホテル&アパートメンツ東京」は2000年開業。外国人の利用者が多いことでも知られるオシャレなプチホテルで、長期滞在にも対応できる住居のような居心地の良さが人気です。ホテルに住まう…、これ以上の贅沢があるでしょうか。VIPの証し。V.I.Pはバブル期に流行ったチョコレート。すみません、関係ないです。

そうは言っても宿泊費より電車代の方が圧倒的に安いため、結局、足茂く神楽坂に通っている私なのですが、ホテル敷地内に2008年にオープンしたパティスリー「ル・コワンヴェール」にて、アグネスホテルの雰囲気をちょっとだけかじってみました。(私はテイクアウトのみでしたが、ホテルのラウンジでお茶と一緒にケーキを頂くことも可能。)
店内はイートインスペースもなく狭いですが、店頭に並ぶケーキ達の斬新なデザインが目を楽しませてくれます。中でも目を引く色とりどりのギモーヴは3㎝立方体の大きめサイズ。ライム&パセリ、カシス&ダージリン、赤ワイン&オレンジ、フランボワーズ&フリーズドライフランボワーズ、ココナツ&パッションの5種で、どれも味の組み合わせが絶妙。モチッとしてシュワッと溶けて、ん~美味です!

ちなみに、3月27日~4月18日の間の土日のみですが、「お花見オープンテラス」として、ホテルの駐車場および中庭部分にテーブルと椅子が用意されます。お花見に神楽坂へお立ち寄りの際には、ちょっと一休みも兼ねて、ル・コワンヴェールのギモーヴとケーキをぜひお試しあれ。

ル・コワンヴェール (ケーキ / 飯田橋、牛込神楽坂、神楽坂)

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , ,

TEXT: Kawori Nakagawa