築地の歩き方・プロローグ

築地外市場。機貨車

サクラサク。春の訪れとともに、進学や就職などの理由で上京する予定の方もいらっしゃることでしょう。夢に見た憧れの東京での新生活。期待と不安で胸を膨らませていることと思います。かつては私も、その中の一人。初々しい時代もあったんです(笑)
One morning in Tsukiji [04]上京して間もない頃、ある美容師さんが私に言いました。「東京の全ては、築地にある」と。え?なんで?東京の魅力は、原宿や渋谷や銀座じゃないの?と私は思いましたが、ちょっとした冗談かなと聞き流していました。
だけど、何だかその言葉が頭に残っていた私は、実際に自分の目で確かめるべく早朝の築地へ向かい、目を見張りました。美容師さんの言う通り、たくさんの人と食材が溢れ、活気に満ち満ちた築地は、人々のエネルギーが集まるところ、ここが日本の中心であるということを、力強く感じさせてくれました。
それから、築地の虜になってしまった私。「マイブームは築地」と公言し、早朝から友人を連れ回して嫌われたこともありました。それでも尚、尽きることのない築地の魅力。様々な海の幸・山の幸を眺めるだけでも楽しいし、もちろん、市場内外に店を連ねる名店での食事も♪

@ Tsukiji market IIIよ~し、私も築地デビューしちゃおうかしら~という方へ、ここで注意事項が。
①週末(日曜は市場が休みなので土曜のみ)は一般客で賑わいます。早めの築地入りをおすすめします。築地市場の飲食店は主に早朝~13時までの営業ですから!
②市場一帯、特に場内は、買い付けに来た業者さん達が我先にと殺気立ち、バイク等を走らせています。よそ見しながらフラフラしてると交通事故になります。観光客はマナー順守を心がけましょう。
③築地駅の電車のドアが開いた時点で既に生臭い程、魚臭は当たり前の市場一帯。魚臭い水しぶきを浴びたり水たまりに足を突っ込んだりと、無傷で生還できる可能性は低いので、汚れてもいい服装で行きましょう。常連さんになると、ゴム長に竹カゴが定番の築地ファッション。

以上のことを踏まえて、次回は場内飲食店の素敵なお店を紹介します。

Tuna auction at TsukijiIMG_6066 streets near fish market

マーカーをクリックすると周辺スポットの地図に変わります。

キーワード , ,

TEXT: Kawori Nakagawa